子宮筋腫
矢印好発年齢:40歳代に最も多く発見されるが、若年者も増加傾向にある。
矢印未産婦に多い。
矢印子宮筋腫でない患者さんと比較して子宮体癌(内膜癌)の発生頻度が高い。
矢印全ての子宮筋腫が治療を必要としているわけではありません。
子宮筋腫の発生部位による分類
(1)子宮筋腫の発生する子宮の部位によって次の3種類を区別する。
体部筋腫 子宮体に発生するもので、子宮筋腫の大部分(95%)はこれに属します。子宮体とは子宮の上部2/3の膨大した部分をいいます。
頸部筋腫 子宮頸部に発生する子宮筋腫を頸部筋腫といいます。子宮頸部とは子宮の下部1/3の円柱状を呈する部分をいいます。
(2)子宮筋腫はつねに子宮筋層に発生し、抵抗の比較的少ない方向に向かって発育するものであるが、筋腫結節の存在する場所およびその発育の方向によって粘膜下筋腫、筋層内筋腫(壁内筋腫)および漿膜下筋腫の3種類に分類されます。
子宮筋腫の分類。粘膜下筋腫、壁内(筋層内)筋腫、漿膜下筋腫に分類されます。
粘膜下筋腫 粘膜下筋腫
子宮内膜直下(子宮の内側)に発生し子宮内腔に向かって発育する。発生頻度は少ないですが、たとえ筋腫結節が小さくても過多月経や月経痛などの症状が強いことが多いです。
筋層内筋腫 筋層内筋腫(壁内筋腫)
子宮壁筋層内(子宮壁の真ん中)に発生し、筋層内に発育して、子宮壁筋層の中に囲まれています。子宮筋腫中もっとも多い種類です。
漿膜下筋腫 漿膜下筋腫
子宮漿膜直下(子宮の外側)に発生した筋腫で、子宮の表面(漿膜面)に向かって発育する。たとえ筋腫が大きくても筋腫特有の症状は無いか、あるいはあったとしても軽い場合がほとんどです。
子宮頸部筋腫 子宮頸部筋腫
左の丸い筋腫は子宮頸部に発生している子宮頸部筋腫ですが、このような例は少数です。上の3症例は全て子宮体部筋腫であり、大部分の筋腫は体部筋腫です。
筋腫分娩とは?
筋腫分娩とは粘膜下筋腫の特殊なタイプです。粘膜下筋腫が有茎性(茎を持って)に発育し、その茎が次第に延長し、ついには筋腫結節自体が子宮外、すなわち膣内や陰裂外まで脱出した状態を筋腫分娩と呼んでいます。
子宮筋腫の症状
筋腫結節の位置、大きさ、数などにより症状は異なります。しかし全く無症状のこともあります。もちろん、全ての子宮筋腫が治療を必要としているわけではありません。漿膜下筋腫の場合には治療の必要がないことが多いです。
過多月経
月経時疼痛(月経困難症)
不妊
下腹部の膨大、腫瘤の触知
隣接臓器への圧迫症状
疼痛
1 過多月経
不正出血
1,2,3は子宮筋腫の3主要症状です。過多月経(生理の出血量が多いこと)や月経痛は粘膜下筋腫の場合に強いことが多いです。生理量が多いことにより、結果的に慢性失血性の重症貧血になり、全身状態の悪化をきたす例もあります。また、筋腫が存在することにより子宮内腔の変形や卵管狭窄、あるいは子宮内膜の循環障害(血のめぐりが悪いこと)による着床不備をきたす場合もあり、不妊や流産の原因に成る場合もあります(特に粘膜下筋腫の場合)。
2 月経痛
3 不妊
4 腫瘤感 筋腫がある一定以上の大きさになると、下腹部が膨隆し、患者さん自身が「しこり」として触知可能になります。
5 圧迫症状 筋腫がある一定以上の大きさになると、子宮周辺臓器への圧迫症状が出現する場合もあります。膀胱の圧迫により頻尿、排尿痛を引き起こしたり、ときには尿閉の原因にもなります。また直腸などの腸管を圧迫すると便秘の原因にもなります。
6 疼痛 頻度は少ないですが、粘膜下筋腫の感染、子宮筋腫結節の循環障害による変性、有茎性漿膜下筋腫の茎捻転などの場合には激痛を呈する時もあります。有茎性漿膜下筋腫とは子宮漿膜面に茎を持った漿膜下筋腫で、この茎を軸として子宮筋腫自身がねじれることがあり、激しい痛みを伴います。
7 帯下 粘膜下筋腫のさいに帯下を認めることがあります。特に感染や壊死があると膿性あるいは血性帯下が増量し、疼痛を訴えたり発熱を見ることもあります。特に筋腫分娩の祭にはその可能性は高くなります。
8 全身症状 子宮出血が高度でしかも長期間におよぶと慢性貧血の原因となります。さらには動悸や息切れ、全身倦怠感などの全身症状を呈し、心臓に負担がかかることもあります。