更年期障害

はじめに
更年期とは妊娠可能な年齢からその能力が消失した時期への移行期であり、個人差がありますが
一般には40歳代後半から50歳代前半をさすことが多いです。
この時期の月経は不順になりやがて閉経にいたる時期であり、様々なホルモン異常や種々な精神的
な変化が現れ、その結果として色々な症状が現れ更年期障害と言われています。
具体的にはのぼせ、冷え性、動悸さらには頭痛、めまい、不眠、耳鳴りなどの症状が起こることがあり
ます。腰痛、肩こり、発汗、頻尿、食欲不振、疲労感などの症状も現れることもあり、その症状は極めて
多岐にわたります。


治療方針
女性の平均寿命が80歳を越えた現在では、更年期以降に20年から30年もの人生が待っています。
そのために更年期を短期的、過渡期的なものとのみ考えるのではなく人生の一部として長期的展望
にたって治療を行います。具体的な治療方法としては薬物、生活指導(運動)、精神的な指導および
援助などがありますが、一つの治療方法に偏ることなくこれらの方法を必要に応じて組み合わせ、
患者さんにとって最も有益な治療法を検討いたします。
薬物としてはホルモン剤、精神安定剤、漢方薬などがありますが、ホルモン剤が主体となることが
多く、HRT(ホルモン リプレイスメント テラピー)という治療法が代表的です。
しかしホルモン補充療法は乳がんの発生リスクが少し高まると言われています。

当院ではプラセンタ療法を積極的に行っておりほとんどの方がホルモンを補充することなく更年期
症状が改善しています。