月経痛
 一般に言う「生理痛」は医学用語では「月経痛」といいます。
月経痛には、本来の生理痛と、子宮内膜症等の病気による痛みがあります。
毎月の激しい痛みや、次第に悪化する痛みの場合、子宮内膜症や、子宮筋腫等の治療が必要な病気が、隠されているかもしれません。
特に子宮内膜症、子宮腺筋症は、増加傾向にあり、放置すると不妊症の原因にもなります。
月経痛、下腹痛・腰痛などで受診されたとき、婦人科系の疾患が見つかることがよくあります。
大丈夫と思っても、年一回は婦人科受診をお奨めします。
生理痛には、鎮痛剤(痛み止め)で治療するのが一般的です。
しかし効果が不十分な場合、鎮痙剤や漢方薬を併用する事により、相乗効果が得られます。
また、女性ホルモン剤(いわゆるピル)で治療し、月経周期や月経痛をコントロールすることもできます。
寝込んでしまうようなひどい生理痛をお持ちの方、ぜひご相談下さい。