体外受精料金表

当院は東京都特定不妊治療費助成指定医療機関です。
東京都特定不妊治療費助成

制度の概要
○ 東京都は、高額の治療費がかかる特定不妊治療について、経済的負担の軽減を図るため、
医療保険が適用されない治療費の一部を助成しています。
○ 助成の対象となる治療は、体外受精及び顕微授精のみとなります。

記の費用は消費税別です。
以下の「同一周期」とは採卵周期で一周期、移植周期で一周期と数えます。
<採卵費用>
採卵2回目以降は「採卵+精子調整・媒精・培養」費用は以下の通り減額となります。
1人目を当院の体外受精で妊娠出産し、2人目希望でまた採卵になったときは1回目からの料金が適応されます。

 

採卵

精子調整・媒精・培養

1回目

100,000

200,000

2回目

100,000

150,000

3回目

100,000

100,000

4回目

50,000

100,000

5回目以降

50,000

50,000

また胚を凍結した場合に胚凍結保存料、顕微授精をした場合に下記料金が加算されます

胚凍結保存

1周期あたりの料金です。同周期の凍結なら何個でも同一料金です。1年間の保存料を含みます。

50,000

顕微授精1個あたり(受精した場合のみ加算)

1個あたり10,000

顕微授精基本料金

0

例:5個顕微授精して3個受精した場合  顕微授精費用=30,000円
(10,000円×3個

<胚移植費用>

 

説明 料金

胚移植

50,000

SEET

移植胚の着床率が上がる前処置です。移植の23日前に微量の胚盤胞を育てたときの培養液を子宮の中に入れます。

30,000

ST

(簡易SEET法)
新鮮な培養液を子宮の中に入れます。

20,000

胚保存期間延長

2年目以降の延長1年につき追加費用が必要です。採卵後1回目の凍結の日を基準とし1年過ぎるとかかります。採卵を数回した場合は採卵ごとの凍結1回目1年後から、それぞれの費用がかかります。廃棄を希望されるとき料金はかかりません。

50,000

胚融解

1周期あたりの料金です。同一周期なら何個でも同一料金です。

50,000

胚盤胞培養(追加培養

ay3→Day5に胚を培養をする場合の追加料金

0

精子凍結保存

凍結日から1年間有効。

20,000

精子保存期間延長

2年目以降の延長1年につき追加費用が必要です。廃棄を希望されるとき料金はかかりません

20,000

凍結精子融解

 

5,000



















最終更新日2015年7月22日