体外受精料金表

当院は東京都特定不妊治療費助成指定医療機関です。
東京都特定不妊治療費助成

制度の概要
○ 東京都は、高額の治療費がかかる特定不妊治療について、経済的負担の軽減を図るため、
医療保険が適用されない治療費の一部を助成しています。
○ 助成の対象となる治療は、体外受精及び顕微授精のみとなります。

記の費用は消費税別です。
当院ではできるだけ費用がかさまないように以下の通り工夫をしております。

以下の「同一周期」とは採卵周期で一周期、移植周期で一周期と数えます。


<採卵費用>
採卵2回目以降は「採卵+
精子調整・媒精・培養」費用は以下の通り減額となります。
1
人目を当院の体外受精で妊娠出産し、2人目希望でまた採卵になったときは1回目からの料金が適応されます。

 

採卵

精子調整・媒精・培養

1回目

100,000

200,000

2回目

100,000

150,000

3回目

100,000

100,000

4回目

50,000

100,000

5回目以降

50,000

50,000

※正常卵が得られなかった場合は精子調整・媒精・培養の費用はかかりません。

※採取卵子数が多くとも追加料金はかかりません。

顕微授精が必要な場合は以下の追加費用がかかります。

説明

料金

他院との比較

顕微授精1個あたり(受精した場合)

1個あたり10,000

 

顕微授精1個あたり(受精しなかった場合)

0

通常他院では、受精しなくても顕微授精を行えば胚の数だけ費用が発生します。

顕微授精基本料金

0

通常他院では、培養液などの顕微授精をするために準備するものに対して30,000円程度の費用が発生します。

例:5個顕微授精して3個受精した場合

 顕微授精費用=30,000

 

10,000円×3

 



<胚移植費用>

 

 

 

説明

料金

他院との比較

胚移植

 

50,000

 

エンブリオグルー(移植時に着床率を上げるために使用する培養液)

全員に使用しています。

0

通常他院では、30,000円程度の費用が発生します。

SEET採取、保存

SEETが採れたときは採取料と保存料は無料です

0

通常他院では、10,000円程度の費用が発生します。

同一移植周期での2回以上胚融解したとき2回目以降の融解

胚の状態により2回以上融解する必要のある場合があります。そのときも1回の融解料金のみ必要となります。

0

通常他院では、融解した回数(ストロー本数)分費用が発生します。

胚盤胞培養(追加培養

ay3→Day5に胚を培養をする場合の追加料金

0

通常他院では、30,000円程度の費用が発生します。

SEET

移植胚の着床率が上がる前処置です。移植の23日前に微量の胚盤胞を育てたときの培養液を子宮の中に入れます。

30,000

 

ST

(簡易SEET)

20,000

 

新鮮な培養液を子宮の中に入れます。

胚保存期間延長

2年目以降の延長1年につき追加費用が必要です。採卵後1回目の凍結の日を基準とし1年過ぎるとかかります。採卵を数回した場合は採卵ごとの凍結1回目1年後から、それぞれの費用がかかります。廃棄を希望されるとき料金はかかりません。

50,000

 

胚融解

1周期あたりの料金です。同一周期なら何個でも同一料金です。

50,000

 

精子凍結保存

凍結日から1年間有効。

20,000

 

精子保存期間延長

2年目以降の延長1年につき追加費用が必要です。廃棄を希望されるとき料金はかかりません

20,000

 

凍結精子融解

 

5,000

 

アシステッドハッチング(AHA

良好胚であるにも関わらず着床しないとき施行

30,000

 

PRP治療(1回目のみ)

再生医療の一つです。

150,000

 

 

良好胚であるにも関わらず内膜が薄くて着床しないとき施行

 

または内膜厚が正常だが原因不明の着床障害があるとき施行

PRP治療(1回目+2回目)

1周期あたり2回行うのが標準です。

200,000