バルトリン腺嚢胞

バルトリン腺は、膣の入り口の横にある左右1対の腺(分泌物の通路)です。
ここが詰まってしまうと、分泌液が排出できなくなり膿が溜まって、バルトリン腺膿胞という状態になります。
原因はほとんどが感染といわれています。
片側の膣の入り口が球状に腫れあがり、赤み、圧痛、自発痛、熱感が出る事があります。
治療は、注射針を使って膿を出し、抗生物質を投与します。